自宅出産を紹介する

自宅出産をする際に注意すること

気を付けておきたい注意事項

病院での出産と同じくらいの値段で、自宅に居ながら出産できるといったメリットから、自宅出産を選ぶ妊婦さんも増えてきていますが、もちろん自宅出産を選ぶ際に気を付けるべき注意事項も多くあります。

まず、自宅出産は妊婦さん全員が選べる出産の手段ではありません。
妊娠中に、定期的に医師や助産師さんの検診を受け、自然出産が可能となった場合のみ自宅出産の許可が下ります。この段階で、異常が見られた場合は、自宅出産は認可されないため、できないことが多いです。

また、一見負担が少なさそうに見える自宅出産にもデメリットはあります。その中の一つに、万が一の際、医療行為の施術ができないことがあります。
例えば母子が危険な状態に陥り、帝王切開が必要となった場合、自宅では衛生上の問題や医療器具の面から見ても施術は不可能です。

ほかにも母体の大量出血や子供の危険などへの処置も、自宅出産では適切な対応ができない場合が多く、緊急に病院への搬送が必要となります。

検診の状態でどんなに安全でも、何があるかわからないのが出産です。お母さんにも、お子さんにもどちらかの危険が伴う場合には、医療としての専門的な処置ができないため、その時点で自宅出産は不可能となります。

一方で、自宅出産の際、助産師さんの手助けがない無介助分娩を使用とする方もいらっしゃいます。
これは、最も危険な方法といっても過言ではなく、過去には死亡事故につながったケースもあります。元気な赤ちゃんを産むためには、必ず定期検診が必要となります。

病院で出産を選ぶ場合にも、自宅での出産を選ぶ場合にも、どちらにもそれぞれリスクは伴います。ぜひ、妊婦さん本人の負担が少なく安心できる方法を選んでみてください。

© Copyright 慣れ親しんだ自宅で出産する. All rights reserved.