自宅出産を紹介する

自宅出産をする場合のお金

気になる費用はどのくらい?

日本でも年々需要が高まってきている自宅出産。
病院での主産よりもリラックスできることや、お母さんの負担の少ないことからも、自宅出産を選ぶ方が増えてきているようです。そんな自宅出産ですが、実際にかかる費用が気になる、という方も少なくはないかと思います。

自宅出産でかかる出産費用を分娩介助金といいます。
これは、助産師さんに支払うお金のことを言うのですが、助産師さんによる妊婦健診は、もちろん助いろいろな産師さんによっても違いはありますが、大体8,000円ほどです。
また、2回目以降は、それが5,000円ほどにさがることがほとんどです。

日本助産師会では、分娩介助金は18万円以上とされていますので、助産師さんにお願いする場合は総額30万円ほどになる場合が多いです。

一方、病院での出産と同じく、自宅出産でも出産育児一時金は発行されるため、一児につき42万円ほど配給されます。

また、助産師さんによる妊婦健診も、自治体から補助券が発行され、出産後に還付される場合がほとんどです。
したがって、病院での出産とほとんど変わらぬ費用で、自宅出産は可能となります。

しかし一方で、出産間近での検診の際の助産師さんの交通費などは、別途妊婦さん側の負担になる場合が多いです。
くわえて、出産後の育児ケアなども別途追加料金となる場合がほとんどですので、ぜひチェックしてみてください。

助産師さんのお手伝いのもと、自宅出産を選ぶ妊婦さんは増えてきている理由として、病院での薬品使用の過多があります。
麻酔や陣痛を誘発させる薬など、病院の方法に不安を感じ、出産後の赤ちゃんの生育を危惧して自宅出産を選ぶ方も多いようです。

もちろん自宅主産もリスクはありまずが、ぜひご自身でしっかりと検討してみてください。

© Copyright 慣れ親しんだ自宅で出産する. All rights reserved.